<< BodyTalk Access Trainerの認定を頂きました | main | 何回セッションが必要か >>

身体が「ノー」というとき 抑圧された感情の対価


カナダ在住の医師が自己免疫疾患やがん、アルツハイマー、ALS(筋委縮性側索硬化症)等と
心の関わりを、臨床医の立場から実際の患者の例をもとに書いた本です。
非常に読みやすく、心と病気の関係を的確に表現しています。

数年前に初めて読んだときは、あまりに自分に当てはまっていて少し落ち込みました。



「抑圧的でストレスをもたらす外的環境から解放されるのは非常に重要なことである。
だがそのためにはまず、私たちの中に深く刻み込まれた”思い込みのメカニズム”の圧制から
解放されることが必要なのだ。」p.345より

| 本の紹介 | 21:13 | - | - | - | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM